イチョウの青葉これからの「持続可能な社会」をつくりあげるには、環境に対する幅広い知識を持ち、社会の中で率先して環境問題にとり組む“人づくり”が必要です。エコ検定は、環境に関する基礎知識を得た人をつくるために2006年にスタートしました。

社会と環境を考える“人”のために/eco検定による人づくり

共通

  • 日常生活で環境問題を理解した上で、環境に配慮した行動をとることができるようになります。
  • 新聞、ニュースなどの環境関連の報道から、社会の動きをよく理解できるようになります。

企業人

  • 企業のCSR活動、ISO14001活動など環境負荷を減らす行動をとるための原動力になります。
  • 環境配慮製品・サービスの企画、開発、販売をするための基礎知識を得ることができます。
  • 名刺、環境報告書への記載により顧客等のステークホルダーへのイメージアップになります。

学生

  • 環境を通じ世の中の動きを知り視野を広げ、社会性を身につけることができます。
  • 環境保全に取り組んでいる企業・団体への就職時にアピールになります。

一般

  • 環境への知識を親から子へ伝える家庭教育ができるようになります。
  • 環境を鍵に地域再生、地域振興を活動することも期待されています。